スクリーンリーダー用ナビゲーション

ホーム 越前たくみ街道 観光ガイド アクセス 組織情報
文字の大きさ 標準 大 最大

現在の位置:ホーム > 組合からのお知らせ > 特産品

組合からのお知らせ

キーワード検索
 

特産品には18件の情報があります。

情報が更新された順に並んでいます。

 
1
  • 越前和紙

    和紙の古里、越前市今立地区に和紙が生まれたのは1500年前。 昔ながらの道具と丁寧な作業で作られた良質の越前和紙は、現代の生活の中で、便せん用紙や封筒、はがきをはじめ、壁紙やふすま紙などさまざまな用途で使用されています。

    越前市商業・観光振興課 - お知らせ - 2011年3月14日 17時00分

  • 冬の味覚の王様 越前がに

    冬の味覚の王様「越前がに」は今が旬。 漁は好調でたくさんの蟹が水揚げされており、3月20日まで町中で湯気が立ち上ります。 茹でがに、焼きがに、かに刺しなど本場の味を味わってみませんか。

    総務課 - お知らせ - 2007年12月28日 17時25分

  • 越前漆器

    全国でも指折りの漆器生産量を誇る、河和田の越前漆器は、丈夫さと上品な光沢が特徴です。 その技術は高い評価を得ており、全国漆器展や伝統的工芸品産業展示会では、内閣総理大臣賞、通商産業大臣賞、高松宮賞など数々の名誉に輝いています。

    鯖江市商工政策課 - お知らせ - 2007年6月22日 14時06分

  • 越前焼

    日本六古窯のひとつである越前焼は、平安末期から約800年の歴史を育んできました。 良質の陶土と伝統の技から生まれる素朴で、温かみのある作品は、現在でも多くの人に愛されています。 昭和61年には伝統的工芸品として、国の指定を受けました。

    越前町商工観光課 - お知らせ - 2007年4月24日 20時37分

  • 越前がに、甘エビ

    日本海の荒波にもまれた海の幸は、ほかでは味わえない絶品ばかりです。 その代表が越前がに。 雄のズワイガニは大きく、雌のセイコガニは小型で卵巣やミソが絶品。 とれたてをその日のうちに食べることができる新鮮さも売り物です。 夏のスルメイカ、冬の甘エビなど、そのほかにも越前の美味はもりだくさんです。

    越前町商工観光課 - お知らせ - 2007年4月10日 17時27分

  • かぼちゃ

    朝日特産のかぼちゃを使ったポタージュスープやパウダーが好評。他にもかぼちゃのクッキーやソフトクリームもあり地元の素材を使った加工食品は、すこぶるおいしいと評判です。

    越前町商工観光課 - お知らせ - 2007年4月10日 17時26分

  • おろしそば

    約300年前に福井に伝えられたといわれているおろしそば。

    南越前町産業振興課 - お知らせ - 2007年4月2日 08時35分

  • はすうどん

    全国生産高の6割を占める花はすは、南条のシンボルです。

    南越前町産業振興課 - お知らせ - 2007年4月2日 05時15分

  • 夢みる梅ワイン

    爽やかな酸味が清々しい河野梅100%のワイン。

    南越前町産業振興課 - お知らせ - 2007年4月2日 05時11分

  • つるし柿

    つるし柿は今庄が峠越えの宿場町として栄えたころ「一つ食えば一里、三つ食えば三里歩ける」と旅人たちの間で重宝されていました。

    南越前町産業振興課 - お知らせ - 2007年4月2日 05時02分

  • きびだんご

    織田地区で栽培されたきびを使った手作りのきび団子は、ぜひ一度味わっておきたい名物のひとつ。 素材の味をそのままいかしており、ヘルシーで甘さ控えめ。ほっと一息つきたい時に抹茶と一緒にどうぞ。 国道417号沿いの花の茶屋「よって駅ね」で、ゆったりとくつろぎながら名物に舌鼓を打ちましょう。

    越前町商工観光課 - お知らせ - 2007年4月2日 04時56分

  • たけのこ

    良質な土に恵まれた宮崎地区のたけのこは、甘味が強くやわらかいと評判です。毎年ゴールデンウィークのはじめ頃には、そんなたけのこを自分の手で掘って楽しめる「たけのこ掘り体験」も開催され、多くのファミリーが参加しています。

    越前町商工観光課 - お知らせ - 2007年4月2日 04時35分

  • 農産物直売「おもいでな」

    「おもいでな」では、宮崎地区でとれた新鮮な季節の野菜や切花、無農薬のお米などを販売しています。

    越前町商工観光課 - お知らせ - 2007年4月2日 04時33分

  • 越前打刃物

    京都の刀匠、千代鶴国安が、刀剣製作の地を求めて武生市に移住し、農民に鎌などを作ったことが始まりとされています。 約700年の伝統の切れ味は、現在も受け継がれており、手作りの品質の良さは全国的にも高く評価されています。

    越前市商業・観光振興課 - お知らせ - 2007年4月2日 04時05分

  • 炭焼き体験

    炭焼きの工程を体験できるほか、炭の購入も可能です。

    池田町総務政策課 - お知らせ - 2007年4月2日 04時03分

  • 池田の酒 冠泉

    五百万石の酒米と、湧き出る清らかな水とで造った地酒。お冷がおすすめです。本醸造と純米吟醸の2種類があります。

    池田町総務政策課 - お知らせ - 2007年4月2日 04時01分

  • かんたけ

    地元で“まぼろしのキノコ”といわれる寒茸は、福井県が人工的に栽培することに成功し、今ではヒラタケ科のキノコの一種として栽培されています。 池田町で栽培を行っているのはわずか5軒程度。人工栽培とはいえ技術的に難しく、栽培量も少ないなど、冬の貴重な特産品です。

    池田町総務政策課 - お知らせ - 2007年4月2日 03時59分

  • 越のルビートマトジュース

    池田町でとれたトマト「越のルビー」で作ったジュース。「トマトジュースは苦手だな」という方もこれを飲んだらビックリ!毎年9月ごろから限定販売。 【お問合せ先】JA池田 0778-44-6300

    池田町総務政策課 - お知らせ - 2007年4月2日 03時57分

1